読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【中卒、漁師経験13年間の父から学んだ】自分の好きなことを仕事にするための通信紀

中卒から漁師経験13年後好きなことを仕事にしている父から学んだことについてや、時間・場所・人・お金に縛られない生活を送るためのヒントになるブログを通してお伝えしていきます。

人生最後に公開すること

こんにちは、かわむらです。


今日は

「死ぬ前に後悔する5つのこと」

をあなたにお伝えします。



人間はどうしても

「未来の危機を
 見て見ぬふりをする」

という傾向があります。


しかし、目を背けても
必ず未来はやってきます。


あなたが「未来の危機」について
少しでも考えるきっかけになれば。


==========================

「自分の人生を振り返って後悔する言葉」

トップ5

1、期待に応えるよりも、“自分らしく生きればよかった”

2、あんなにがむしゃらに働かなくてもよかった

3、言いたいことを我慢せずはっきりと口に出せばよかった

4、もっと友達と連絡をとればよかった

5、もっと自分の幸せを追求すればよかった




どうでしょうか。

あなたに当てはまるものはありましたか?


いま、あなたは自分らしく生きてますか?

いま、あなたは我慢していませんか?

いま、心から幸せと言えますか?

・・・


僕は思います。


僕たちはもっと自由に生きてもいい。

我慢しなくてもいい。

幸せになってもいいんです。


何故ならば
ほとんどの人は最後の最後に
必ず、


「現状から一歩を踏み出せずに
 まだ見ぬ人生を歩めなかったこと」

に後悔してしまうからです。



人生のどこかで大きな決断をしなければ、
大きな変化や成功は一生訪れません。


決断のチャンス、変化のチャンスは
人生で何度もあるものではありません。

目の前のチャンスが、
30年後に振り返ったときに

最初で最後のチャンスだった、
ということだった珍しい話ではありません。



その決断の瞬間。

あなたの未来が変わる瞬間は
実は突然襲ってきて、

あれよあれよという間に
気が付いたらいつの間にか去ってしまいます。


あなたにとって
もしかしたら運命の日が
決断の日が『今』なのかもしれません。



やり残していることはないですか?


もし人生をやり直せるのなら
叶えたかったこと、行きたかった場所。
本当にありませんか?



あなたは、今日もこの長い文章を
最後まで読んでいただいていますよね。


それはどうしてでしょう?


一度ゆっくり考えてみてください。

おそらくあなたは心のどこかで
何か、ひとつのきっかけを望んでいませんか?


僕は、あなたを
成功へ導く準備があります。


何千人もの人が
僕の目の前で成功を掴み
幸せな暮らしを送っているのは

あなたにとっても
他人事ではありませんよね。

ぜひ、今日一時間でも

後悔しない選択をするために

考える時間を作ってみてください。


最後までありがとうございました。


川村英紀