読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【中卒、漁師経験13年間の父から学んだ】自分の好きなことを仕事にするための通信紀

中卒から漁師経験13年後好きなことを仕事にしている父から学んだことについてや、時間・場所・人・お金に縛られない生活を送るためのヒントになるブログを通してお伝えしていきます。

あなたは経営者ですか?


こんにちわ、かわむらです。

僕は今は組織を率いたり、
たくさん事業に関わらせてもらってます。


そのなかでリーダーとして、意思決定として動くこともあるので、それについてお伝えしていこうと思います。

リーダーの仕事は、人に仕事をしてもらうことにあります。その本質は、人の力を借りるということです。どんなに仕事のできる人であっても、組織で働く以上、自分ひとりで仕事をすすめることはできません。

ところが、プレーヤーとして仕事のできる人ほど、自分ひとりで何もかもできてしまうような錯覚に陥ります。部下には余計な考えを持たせぬよう、つねに正しい「こたえ」を用意し、的確な指示を出しているような、業務に精通したタイプにその傾向が見られます。

「自分は有能であり、部下のだれよりも仕事ができる」と信じて疑わないから、部下が頼りなく思えてくるようになります。「何でこんな簡単な仕事ができないのか」とか「何度、同じことをいわせるんだ」などと、いつも部下に腹を立てています。

部下も自分と同じペースで、仕事を進められると思い込んでいるため、指示した仕事が期限内にとどこおりなく、進めてもらわないと気が済まないし、許せないのです。そこには、教えてやっている、助けてやっているという押しつけの論理が先行しているのです。

助けを求める

これはとても重要です。

ところが、現実には、一(いち)を聞いて十(じゅう)を知る理解力のある部下ばかりがいるとは限りません。こちらの考えを納得してくれる人ばかりでもないのです。上に立つ者が「力を借りる」という気持ちにならなければ、人を動かすことなどできないのです。そこには深い感謝の念が必要です。

「力を貸してくれてありがとう」「手伝ってくれてありがとう」と部下に対して手を合わせて拝むような気持ちになるまで昇華できるかどうかにかかっています。仕事とはさせるものではなく、してもらうものです。

いくら私が社長でも、気にくわないからといってクビにしたり、仕事を任せなかったりするわけにはいきません。そんなことをすると誰もついてきてくれなくなるからです。

 

最後までありがとうございました!

 

川村英紀