読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【中卒、漁師経験13年間の父から学んだ】自分の好きなことを仕事にするための通信紀

中卒から漁師経験13年後好きなことを仕事にしている父から学んだことについてや、時間・場所・人・お金に縛られない生活を送るためのヒントになるブログを通してお伝えしていきます。

洗脳のようにハマってしまうディズニーランドの魔法

 

こんにちは、かわむらです。

 

ウォルター・イライアス・ディズニー
通称ウォルト・ディズニー

有名なアニメーションキャラクター
ミッキー・マウス」の生みの親です。

「お客さまにいかに感動を与えるか」
というテーマで勉強していると、
ディズニーランドの話に必ず出会うことでしょう。

そのひとつをお話しようと思います。

東京ディズニーランドにあ
る若い夫婦が来ました。

ランド内のレストランで、
お子様ランチを注文したその夫婦。

ですが、お子様ランチは9歳以下でないと
オーダーできないとメニューに書いてあります。

子どものいないカップルにはお断りすると、
マニュアルにも書かれていました。

当然、
「恐れ入りますが、ここのメニ ューにも
書いておりますが、お子様ランチは
お子様用ですので......」

というのが正しい対応でしょう。

しかし、アルバイトの青年は
一歩踏み出して尋ねました。

「失礼ですが、お子様ランチは
どなたが召し上がるのですか?」

「死んだ子どものために注文したくて」
と奥さんが答えました。

「亡くなられたお子さんに!?」
彼は絶句しました。

奥さんは続けます。

「私たち夫婦は子どもが
なかなか産まれませんでした。

求め続けて求め続けてやっと待望の娘が産まれましたが、
体が弱く一歳の誕生日を待たずに
神様のもとに召されたのです。

私たち夫婦も泣いて過ごしました。
子どもの一周忌に、いつかは子どもを連れて来よう
と話していたディズニーランドに来たのです。

そしたらゲートのところで渡されたマップに、
ここにお子様ランチがあると書いてあったので思い出に......」

話し終わるころ、夫婦は目を伏せていました。

キャストのアルバイトは
「そうですか。では、
どうぞ召し上がってください」と応じました。

そして
「ご家族の皆さま、どうぞこちらのほうに」
と 四人席の家族テーブルに夫婦を移動させ、
それから子ども用のイスを一つ用意しました。

そして「お子さんはこちらに」
とまるで亡くなった子どもが生きているかの
ように小さなイスに導いたのです。

しばらくして運ばれてきたのは
三人分のお子様ランチでした。

キャストは
「ご家族でごゆっくりお 楽しみください」と挨拶して、

その場を立ち去りました。
若い夫婦は失なわれた子どもとの日々を
かみしめながら、お子様ランチを食べました。

このような行為は
マニュアル破りの規則違反です。

しかし、東京ディズニーランドでは
先輩も同僚も彼の行動はとがめません。

それどころか彼の行為は、
ディズニーランドでは賞賛されるのです。

マニュアルは基本でしかありません。

それを超えるところに感動が潜んでいるのです。

この出来事に 感動した若い夫婦は、
帰宅後に手紙を書きました。

「お子様ランチを食べながら
涙が止まりませんでした。

まるで娘が生きているように
家族の団らんを味わいました。

こんな娘との家族団らんの体験を
東京ディズニーランドでさせていただくとは、
夢にも思いませんでした。

これから、
二人で涙をふいて生きていきます。

また、二周忌、三周忌に娘を連れて
ディズニーランドに必ず行きます。

そして、私たちは話し合いました。
今度はこの子の妹か弟かを連れて
きっと遊びに行きます」

この話を初めて聞いたとき、
思わず涙が出てしまいました。

こんなことをアルバイトの青年が
やってしまうということじたい、
ディズニーランドの魔法のようです。

上辺だけの理念浸透や、マニュアルの
指導ではありえないエピソードです。

このようなすばらしい組織を作ることは、
ウォルト・ディズニーにしか
できないことでしょうか。

そうではありません。

この話を読んで「素敵だな」
と思えたあなたも、
同じような感動を与えることは可能なのです。

最後までありがとうございました、

川村英紀