読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【中卒、漁師経験13年間の父から学んだ】自分の好きなことを仕事にするための通信紀

中卒から漁師経験13年後好きなことを仕事にしている父から学んだことについてや、時間・場所・人・お金に縛られない生活を送るためのヒントになるブログを通してお伝えしていきます。

もう少し頑張りませんか?

こんにちは、川村です。
 
 
「幸せという 花があるとすれば
 その花の蕾のような ものだろうか
 辛い という字がある
 もう少しで幸せ になれそうな 字である」
 
 
これは、首から下が
麻痺してしまったにもかかわらず、
大変な努力の末、口に筆をくわえ、
ステキな詩画集を
描いている星野富弘さんの詩です。
 
 
この詩にあるように、
「辛(い)」に横棒の「一」を足せば
「幸(せ)」になります。
 
 
僕にとって、
「辛」を「幸」に変えた「一」は、
独立するための「決断」でした。
 
今、人生がとても辛い状態だったとしても、
何か「一」加わるだけで、
「幸せ」になることは多々あります。
 
 
今がどんなに辛くても
「一歩」でいいですから
踏み出してみてください。
 
もしかしたら、あとたった一歩で、
目の前に幸せが来ているのかもしれません。
 
 
あなたの「辛」に何を「一」つ、足せば、
「幸」になると思いますか?
「幸」にするために、
たった一歩だけでいいですから踏み出してみてください。
 
 
最後までありがとうございました!

川村英紀