読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【中卒、漁師経験13年間の父から学んだ】自分の好きなことを仕事にするための通信紀

中卒から漁師経験13年後好きなことを仕事にしている父から学んだことについてや、時間・場所・人・お金に縛られない生活を送るためのヒントになるブログを通してお伝えしていきます。

『好きを仕事にする』の落とし穴

f:id:k137256:20160607165443j:plain


こんにちは、かわむらです。
 
 
「好き」を仕事にする、というのを、
僕も大切にしているのですが
 
なぜ、「好き」を
仕事にする必要があるのでしょうか?
 
 
それは、仕事が
その人の人生そのものだからです。
 
 
仕事がその人の生き方そのもの、
事業がその経営者の生き方そのものなのです。
 
 
生まれてから死んでいくまでの
限られた時間のうち、
 
その大半を費やす仕事を楽しまない限り、
あなたの人生は光り輝くことはないのです。
 
 
あなたの一度しかない人生を、
単なるお金を稼ぐためだけの
時間に使っていいのでしょうか?
 
 
自分の人生の奴隷となって
仕事を単なる換金手段
と割り切って生きて行きたいのか、
 
 
それとも、
仕事を自分の夢を
達成する為の手段としてとらえ、
 
 
その夢を通じて他の人に
何かを与える人間になりたいのか。
 
 
考える間もないですよね
 
 
「好きを仕事にする」
と言われるとその言葉は甘く響き、
いかにも口当たりがいいのですが、
 
 
これは、
単に「好きなもの」を仕事にする
というだけの意味ではありません。
 
 
この言葉には、
「今目の前にある仕事から喜びを見出す」
という意味も込めています。
 
 
僕は、自分らしく生きるには
二つの方法があると思っています。
 
 
一つは表面的な言葉の意味通り、
「好きなこと」を仕事にするという方法。
 
 
もう一つは、
「今与えられた仕事を全力でこなす」という方法です。
 
 
どちらかというと今仕事を持つ人も、
もともとの「好き」を仕事にできている人は
少ないのではないでしょうか。
 
 
社会経験のない人間が、
高校や大学を卒業したての時期に
 
自分の「好き」をしっかり見極めて
仕事にできるほどの利口さはなかなかないものです。
 
 
そうなると、
好きな仕事をするというより
いかに仕事を好きになるか。
 
 
或いは、
楽しい仕事をするというより
いかに仕事を楽しくするか
ということが重要となってきます。
 
 
仕事を楽しくしようと思えば、
「今与えられた仕事を全力でこなす」
のが結果的に一番の近道となります。
 
 
今与えられた仕事を全力でこなすと、
ある一定のポイントを過ぎると結果が出始め、
 
 
自信と達成感を得ることができ、
自信と達成感が得られるようになると、
「仕事が好き」になります。
 
 
その対象となる仕事が、
マイナーで妥協のないコアなものである場合には、
自信と達成感は早く得られる傾向があります。
 
 
今与えられた仕事を全力でこなすことで、
今目の前にある仕事から喜びを
見出すことができるようになるのです。
 
 
そして、結果的に
「好きを仕事にする」ことができます。
 
 
今、現在、
仕事が楽しくない、お金を稼ぐためだけに
働いているという方は諦めず、
是非、具体的な努力を積み重ねて下さい。
 
 
もし、今、あなたの送っている人生が
つまらないとしても、諦める必要はありません。
 
 
今は、
今後のあなたが仕事を愛し、
ワクワク生きていくため
用意された演出でしかありません。
 
 
ただ、その為には
「好き」や「努力」を単なる
「好き」や「努力」で終わらせず、
 
 
意識的に掘り下げ、
誰にも負けない「尖り」と
言えるレベルにまで磨き上げなければなりません。
 
 
その「尖り」は
触れただけで手が切れるくらい、
眩いくらいの輝きを放つ極めて鋭利なものです。
 
 
貴重な時間という資源の大半を、
換金手段でしかない仕事に費やすのは
あまりに勿体ないですよね。
 
 
仕事そのものの中に生きがいや
喜びが見つけられれば
そんな幸せなことはありません。
 
 
ここまで読んでくれたあなたに
一つ提案があります。
 
 
ぼく自身が
電子書籍が出版されました!
 
◆【タイトル】◆
 好きを仕事にしたいあなたへ
 〜今から2年以内にやりたいことを全て叶えるためのレシピ〜

 

◆【販売日】◆
 2016年6月7日18時から

 

◆【値段】◆
 99円

 

◆【本編】◆

 

独占インタビュー
 
・はじめに

 

 ①行動すれば夢が叶うのに、行動しないのは?
 ②未来は選択によって変えられる
 ③結果の違いは、優先させた選択の違い
 ④自己制限することを忘れるほど夢中になれる未来
 ⑤苦しさを避けるのでもなく、苦しさを我慢するのでもなく
 ⑥「達成できない=自分には価値がない」というトラップ
 ⑦ゴールに対して「1つ」を貫くようにする

 

【購入はこちらから】

 

⇒ https://www.amazon.co.jp/dp/B01GL4X8H0
 
 
もし、好きを仕事にするための
ヒントや考え方など凝縮して書いていますので
ぜひ99円なので読んでいただけると思います!
 
 
最後までありがとうございました!
 
 
川村英紀