読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【中卒、漁師経験13年間の父から学んだ】自分の好きなことを仕事にするための通信紀

中卒から漁師経験13年後好きなことを仕事にしている父から学んだことについてや、時間・場所・人・お金に縛られない生活を送るためのヒントになるブログを通してお伝えしていきます。

あなたの人生を加速させるコツ

こんにちは、かわむらです。

本日のテーマは、
『自信を持って決断するコツ』
についておつたえします。


よくビジネスシーンでは聞く言葉で、
「決断力」と「行動力」。

僕もビジネスする上で最も大事と思ってます。


そして、
「自信を持ってスグに決断」すること。

これが中々デキナイ人が非常に多いです。

その自信のある決断がデキないからこそ、
行動がデキないし身動きが取れなくなる。


「選択」出来なければ「行動」は出来ません。
だからこそ僕が重要だと思うのは決断力。

「取捨選択」を出来る人間でないと、
成功はないです。


それが出来たら次に問われるのが、
「圧倒的な行動力」。


行動するためには
「取捨選択」
「自信のある決断」
の二つはとても重要な要素です。

成功するのに頭が良くて、技術力があっても、
圧倒的な決断力、圧倒的な行動力が揃っていて
形にできる人間でないと無意味なわけです。

その中でも今回お話するのは、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「自信を持って決断するコツ」です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

決断、覚悟、選択、決意、意思決定、
これらが出来ないと何も始まらないし、
その際の注意点とコツをアドバイスします。


経営者わ就活生においても物凄く大事なことで、
いつも決断したあとで後悔していると、
リーダーとしてのパフォーマンスも落ちます。


決断した後に後悔しない様にしましょう。

では、早速本題にいきたいと思います。

============
・自分の直感を信じろ
============

決断に迷ったなら、
まずはそれに対して見方を変えること。

心配し過ぎることで、
より重大な決断にかけるべき時間が、
失われていることに気づいてください。

過度の心配性は本当にうまくいきません。

その決断はどれほど重く、
影響を及ぼすのでしょうか?

人生でもっとも重要な類のものではなく、
間違った決断だったとしても、
失うものはそれほど大きいのでしょうか?

自分にとって必要なら覚悟を決める。

その他の余計な要因は取り除くことがコツ。

”自分の〇〇はこれで解決できる、近づける。
でも、◯◯がな〜、とか違う要素で考えてしまう”

などなどです。

「自分の直感に頼ることは非常に重要で、
時間の節約にもつながる。

次に、
=================
・アドバイスしてくれる人を選ぶ
=================

自分の直感で決断がデキないのであれば、
その道で成功してる人、そこそこ上手くいってる人、既に先をいってる人のアドバイスを素直に取り入れる。

「素直さ」はめちゃくちゃ重要です。

今までの自分の考えで今もそうだから、
成功も結果もでないわけで。

その考え方でうまくいってるのであればいいけど、
うまくいって無いのであれば自分の考えを無くすこと。

変なプライドなんか全部捨てた方がいいです。

僕も今まで「素直」に聞いてきて、
こうやってここまで来れたわけです。

自分の考えは捨て、アドバイスを鵜呑みにする。

(当然ちゃんとしてる人のアドバイスだったら)

自分の考えを変えるのは非常に怖いですし、
不安に襲われたり、違和感を感じることもあるけど、その壁を破壊しなければ新たな世界は見えないです。

自分の無駄な考えなんぞ全て捨ててしまえ。



最後3つ目に、
===============
・同じことをずっと考えない
===============

決断の影響がずっと残る事は滅多に無いです。

だから、
ある決断にあまり大きなプレッシャーを
感じる必要はないです。

すぐに書き換わってしまうわけですし。

この決断が最後の決断と思ってしまうと、
身動きができなくなってしまいます。

ミスをすることは問題ではありません。

重要なのは前に進み続けること。
決断の先に待っているのは、
「失敗」ではなく「学び」です。

失敗の選択なんか無いんです。

その学びを積み重ねていくことが、
成功への一番の近道。

そう考えれば失敗は怖くないし、
むしろ失敗するほど次への期待感が高まる。

これが失敗しても行動し続けるコツでもあり、
「決断」「選択」するコツです。

この3つこそが自信を持って決断するコツ。

人生は「選択の連続」なんですから、
これを参考にして決断をしてみてください。

最後までありがとうございました。

川村英紀