読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【中卒、漁師経験13年間の父から学んだ】自分の好きなことを仕事にするための通信紀

中卒から漁師経験13年後好きなことを仕事にしている父から学んだことについてや、時間・場所・人・お金に縛られない生活を送るためのヒントになるブログを通してお伝えしていきます。

ありがとうの反対語

こんにちは、かわむらです。
 
僕は普段から
自然に触れ合うのが好きで、
 
そのような時間は
本当に充実しています。
 
 
明後日からも大阪の山奥で、
謎に200人集まるコピーライティングの
合宿に参加してきます。
 
 
そんな
自然いっぱいの場で学べるのは、
とても幸せだなと感じます。
 
 
そう、
「有難いな」と感じるのです。
 
 
有難いの反対語は当然です。
 
 
つまり、
ありがとうの反対は当たり前なのです。
 
 
ふと、
 
「もしかしたら僕たちは、
 当たり前である出来事に対して、
 感謝の気持ちが足りないのかも」

と考えました。
 
 
当たり前に水が飲めてたり、
当たり前に家族と過ごしたり、
当たり前に友達と遊んだり、
当たり前に酒場で楽しんだり、
当たり前に外を散歩できたり。
 
 
GLAYTAKUROが書いた歌詞で、

「人はバカな生き物ね、
 失うまで気づかない・・」

というものがあります。
 
 
僕たちは、
当然である日常的な出来事に、

もう少しだけでも、
一つ一つ振り返って、
感謝する必要があるのではないだろうか。

と感じた一日でした。
 
 
最後まで読んでいただき
ありがとうございました!
 

P.S 
セミナーに来ていただた方は
ほんとありがとうございました。
 
 
川村英紀