読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【中卒、漁師経験13年間の父から学んだ】自分の好きなことを仕事にするための通信紀

中卒から漁師経験13年後好きなことを仕事にしている父から学んだことについてや、時間・場所・人・お金に縛られない生活を送るためのヒントになるブログを通してお伝えしていきます。

生まれた時から反応するように組み込まれた魔法のスキル



こんにちは、かわむらです。

今回は
「ある魔法のスキル」
についてお伝えします。

その脅威のスキルを
あなたに効果を確認してもらうために、
まず以下の文章を読み進めてください。

________

25年前の美しい春の夕暮れ時、
二人の若者が同じ大学を卒業しました。

彼らはとてもよく似ていました。

二人とも
平均的な学生より成績がよく品格もあり、
将来に向け情熱的な夢に満ちていました。

最近、この二人は25回目の同窓会で
大学にやってきました。

彼らは相変わらずとてもよく似ていました。
二人とも幸せな結婚をしていました。

また、二人とも子供が3人いました。

更にわかったことですが、
 二人とも卒業後は

同じ中西部のメーカーに勤めて
今もそこで働いています。

しかし「違い」もありました。

 一人は
その会社の小さな部署の管理職でした。
しかしもう一人は社長でした。

 「何が違いを生んだのでしょうか?」

 人間の人生で
何がこのような違いをもたらすのか、
考えたことがありますか?

その違いは、持って生まれた知力、
才能、はたまた懸命な努力に
よって生じるとは限りません。

片方が出世を望み、
もう片方が出世を
望まなかったわけでもありません。

その違いは、、、

さて、何でしょうか?
続きが気になりますか?

 実はこれ、
世界で最も売れた広告と言われている、

ウォール・ストリート・ジャーナル紙」
の書き出しです。

この広告(ダイレクトメール)は
40年間も使われ続け、

たくさんの会員を獲得し続け、
4000億円の売上をもたらしました。

この広告はなぜこんなに効果があったのか?

今回はお伝えしたかった
脅威的なスキルの効果です。

その秘密は、
書き出し部分の『ストーリー』です。

この「2人の男のストーリー」を通じて、
ウォール・ストリート・ジャーナル紙を
購読することのメリットを、

わかりやすく、情景が浮かぶように
プレゼンテーションしているのです。

それによって、
「新聞」という平凡な商品に対する
「欲求」を喚起させることに成功しました。

優秀な講演家は、
講演の中にたくさんのストーリーを入れます。

それにより聴衆を惹きつけ、
わかりやすく、自分の主張を伝えます。

ビジネス書の名著「7つの習慣」にも、
難しいコンセプトを説明するために、

たくさんの「ミニ・ストーリー」が
入っていますし、

また今年、
同書を「漫画のストーリー」にしたものが、
大ベストセラーとなりました。

『ストーリー』にはパワーがあります。

もしあなたが、
事業者としてこれからビジネスをしていき、
商品を販売していきたいなら、、、

コピーライターとして、
いろんな人に文章を読んでもらい
行動してもらう文章を書いていきたいなら、、、

就活生としてこれから自分が
いきたいと思う会社にいきたいなら、、、

商品や自分自身を
ストーリーに乗せて
プレゼンテーションすることで、

直球で「ベネフィット」を伝えるよりも、
大きな力が得られるでしょう。

小さい時から僕たちは
昔話を聞いて育ってきました。

「むかしむかしあるところに」から
始まるとそれが真実か真実でないか
どうかよりもすぐにイメージをしてしまいます。

コピーライティングであれば
信じるという壁を越えることが
いとも簡単に潰すことができます。

このストーリーは
売れている漫画や映画などに
組み込まれていることが多いので

ぜひ、その視点で見ていくことを
どんどん学びになるとおもいます。

もうストーリーについて学んでいる方は
普通の自己紹介の際に、
「ある型」に沿って話すだけでも
全然違うので、
一回作って反応を見てみてくださいね!

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

P.S
明日はセミナー講師として
この脅威な効果を出す「ストーリー」について
セミナーをするので、

明日は参加する方は楽しみにしてくださいね!

興味がある方とかいれば
そのスクリプトをレポートとかにするので
興味がある方はコメントやメッセージをください*\(^o^)/*

個別的にも聞きたいですとかあれば
是非是非、連絡をください(*^o^*)


内容としては、こんな感じです!

◆なぜコピーライティングやビジネスにおいて「ストーリー」を重視しているのか?

◆相手を惹き付けるストーリーの黄金パターン「12のステージ」とは?

◆ストーリーを面白くする秘訣とは?(これを「タイタニック」「ONE PIECE」「AKB48」やお笑い芸人、ホラー映画を題材にしながらわかりやすく解説していきます!

最後までありがとうございました!

川村英紀