読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【中卒、漁師経験13年間の父から学んだ】自分の好きなことを仕事にするための通信紀

中卒から漁師経験13年後好きなことを仕事にしている父から学んだことについてや、時間・場所・人・お金に縛られない生活を送るためのヒントになるブログを通してお伝えしていきます。

強制的にコツコツ行動する方法

 

f:id:k137256:20160212222721j:plain

こんにちは、かわむらです。

今回は
『強制的にコツコツ行動させる方法』
についてお伝えします。 
   
   
人間は、
基本的に「継続

 

ニック" を使うことで 
  
『強制的にコツコツと行動する』
ことが可能になります。 
  
"このテクニック" は、
やると必ず結果がでるので 
ぜひ実践してみてください。 
  
  
まずは、 
  
紙とペンを準備してください。 
  
無ければ、パソコンやスマホの 
メモ帳でもいいです。 
  
 
準備できましたか? 
  
  
  
この方法は、いたって 
"シンプル" かつ "簡単" です。
  
  
紙、もしくはメモ帳に
  
「やるべきことリスト」
  
を作ってください。
  
  
  
…できましたか?
  
  
  
はい、終了です。
これだけです。
  
  
これで
 
『強制的にコツコツと行動させる』
  
ことができます。
  
  
 「え、それだけですか!?」
  
  
  
はい、これだけです。
  
  
  
あとは、
その「やるべきことリスト」に
したがって、黙々と行動するだけです。
  
  
何も考える必要もなく
ただ、リストにある項目を
一つ一つこなして行くだけです。
  
  
これが、
シンプルで簡単にでき
 
【驚くべきほどに効果】があります。
  
  
そこらへんの
自己啓発の本やセミナーに
出るよりも断然効果的です。
  
  
天野自身も色々と試してみましたが
このテクニックが
「コツコツ行動させる」には
これが一番有効ですね。
  
  
これをいきなりしようすると、
  
「自分のやるべきことが、
 なかなか書けない。」
  
ということが
出てくると思います。
  
    
そこで、
"あるコツ" を伝授しましょう。
  
  
あなたの頭の中にある情報を
洗い出してまとめるコツです。
  
  
それが、
フレームワーク』です。
簡単に説明すると
 
  
大分類 ⇒ 中分類 ⇒ 小分類と
やるべきことを大きなものから小さなものへ
落とし込んでいく方法です。

  
例えば、
僕がやってみます。
  
  
まず、大分類を決めます。
  
■ イベント関係
■ コンテンツ販売
コンサルティング
 
 
ざっと、
3つに分けました。
 
 
ここから、
本気で考えて中分類に落とし込みます。
  
例えば、
「イベント関係」について考えると
 
 
■ イベント関係
  
● コンセプト
● 集客
● 事務・集金

 
  
ここまで書いたら各項目ごとで、
小分類に落とし込み

「具体的にやるべきことリスト」へと
細かく書いていきます。
  
  
● コンセプト
  
・ どんな人に向けてするのか
・ 何をするのか
・ どこでするのか
・ 参加費をいくらでするのか 
  
  
これで
フレームワーク』の作業は終了です。
  
  
そして、
「やるべきことリスト」ですが
 
常に携帯して、
すぐに書き込めるようにしておくことを
お勧めします。
  
  
『やらなきゃ!』
っと思った時や
 
『これはいいアイディアだ!』
とひらめいたと時など  
すぐにメモして忘れないでおく。
 
 
そして、
『何度も見直す』
ことが大事です。
 
   
  
この当たり前のことができている人が、
コツコツと着実にタネをまき続けて
 
どんどんあなたが望む
成功を近づいていくでしょう。
  
   
あなたもつねに
やる事リストを作っていきましょう。
 
 
今日も最後まで
読んでいただきありがとうました。
 
 
川村英紀