読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【中卒、漁師経験13年間の父から学んだ】自分の好きなことを仕事にするための通信紀

中卒から漁師経験13年後好きなことを仕事にしている父から学んだことについてや、時間・場所・人・お金に縛られない生活を送るためのヒントになるブログを通してお伝えしていきます。

人生の「やり残し」を無くす一歩


こんにちは、かわむらです。


僕の知り合いに


世界一周の旅に出たK君がいます。



東大卒、電通というキャリアを捨て、

「世界中をこの目で見たい」という夢を

20代のうちに実現したのです。



彼の生き方は、

最高にカッコイイと思います。



人間は誰もが、生きてく上で、



「あれもやりたい」


「これもやりたい」



と、色々と思い描くものです。



しかしながら、そのほとんどを、

実現できずに人生を終えていきます。



「失敗したらどうしよう」



という不安を抱えて、

結局何もやらずに、

後悔だけを大きくしていくのです。



そうならないためには、



「失敗したらどうしよう」



ではなく、



「やり残したらどうしよう」



という意識を持つことが大切です。



そしてこれは、

私自身の生き方の信条でもあります。



亡くなっていく人の大半が、

「やらなかったこと」を悔やむと言います。



私も、もし起業していなかったら、

きっと後悔していたでしょう。



選んだ道が正しいかなんて、

誰にも分かりません。



ですから、



「正しいかどうか」



ではなく、



「やりたいかどうか」



に素直に従い、

道を選択し続けることでしか、

人生は変わっていかないのです。



K君は、現在、

世界中を旅した経験を活かし、



「世界に日本の魅力を伝える」



というコンセプトでビジネスを立ち上げ、

旅行業を主軸に大成功しています。



電通時代から、可愛い笑顔で

万人に愛される子でしたが、

更に、その笑顔に磨きがかかっていて、

幸せを世界に拡げています。



「いつまでも夢を追いたい」



最高の笑顔で語るK君と、

近いうちに、何か一緒にビジネスをして、

共に社会に貢献したいと考えています。



あなたも、

「人生のやり残し」を無くすよう、

まずは、小さな一歩でも良いですから、

勇気を持って踏み出してくださいね。

人生最後に公開すること

こんにちは、かわむらです。


今日は

「死ぬ前に後悔する5つのこと」

をあなたにお伝えします。



人間はどうしても

「未来の危機を
 見て見ぬふりをする」

という傾向があります。


しかし、目を背けても
必ず未来はやってきます。


あなたが「未来の危機」について
少しでも考えるきっかけになれば。


==========================

「自分の人生を振り返って後悔する言葉」

トップ5

1、期待に応えるよりも、“自分らしく生きればよかった”

2、あんなにがむしゃらに働かなくてもよかった

3、言いたいことを我慢せずはっきりと口に出せばよかった

4、もっと友達と連絡をとればよかった

5、もっと自分の幸せを追求すればよかった




どうでしょうか。

あなたに当てはまるものはありましたか?


いま、あなたは自分らしく生きてますか?

いま、あなたは我慢していませんか?

いま、心から幸せと言えますか?

・・・


僕は思います。


僕たちはもっと自由に生きてもいい。

我慢しなくてもいい。

幸せになってもいいんです。


何故ならば
ほとんどの人は最後の最後に
必ず、


「現状から一歩を踏み出せずに
 まだ見ぬ人生を歩めなかったこと」

に後悔してしまうからです。



人生のどこかで大きな決断をしなければ、
大きな変化や成功は一生訪れません。


決断のチャンス、変化のチャンスは
人生で何度もあるものではありません。

目の前のチャンスが、
30年後に振り返ったときに

最初で最後のチャンスだった、
ということだった珍しい話ではありません。



その決断の瞬間。

あなたの未来が変わる瞬間は
実は突然襲ってきて、

あれよあれよという間に
気が付いたらいつの間にか去ってしまいます。


あなたにとって
もしかしたら運命の日が
決断の日が『今』なのかもしれません。



やり残していることはないですか?


もし人生をやり直せるのなら
叶えたかったこと、行きたかった場所。
本当にありませんか?



あなたは、今日もこの長い文章を
最後まで読んでいただいていますよね。


それはどうしてでしょう?


一度ゆっくり考えてみてください。

おそらくあなたは心のどこかで
何か、ひとつのきっかけを望んでいませんか?


僕は、あなたを
成功へ導く準備があります。


何千人もの人が
僕の目の前で成功を掴み
幸せな暮らしを送っているのは

あなたにとっても
他人事ではありませんよね。

ぜひ、今日一時間でも

後悔しない選択をするために

考える時間を作ってみてください。


最後までありがとうございました。


川村英紀

あなたは誰に影響されるのかは選ぶことはできます。

こんにちは、かわむらです。


今回は
「僕の父から一番影響を受けたこと」
について書いていきたいと思います。


今では20歳になってから二人で
2か月に一回は日曜日とかに

父が何十年も行き続けているなんばの
居酒屋で飲んだり話したりしているくらい
仲がいいのですが、
 
 
しかし、
僕は小学校、中学校の時は
そこまで好きではありませんでした。
 
僕も父は昔からずっと今でも
大阪の水産業の卸関係の仕事をしていて

仕事の関係上
昼と夜の生活が逆転しています。

深夜の1時半に家を出ていき、
昼の11時前後に家に帰ってくるという感じです。


だから、僕は小学校の授業が終わり
少し学校で遊んだあと、
14時半や15時半くらいに帰ると


いつも父が昼前には帰ってきて
昼ご飯をご飯を食べて
お父さんが大好きなお酒を飲んだ後
いつもぐっすり寝ていました。


僕の家ではそれがごく普通の光景で
生まれたときから変わらず
何一つ疑問を持つことさえもありませんでした。


しかし、少しずつ
学年が上がるにつれ

自分の父の仕事が
あまり一般的でないことに気づいてきました。


学校の終わりに友達の家で
ゲームをしたり遊びに行ったりするけど

自分の家ではお父さんが
仕事を終えて寝ているから

「家に友達を呼んで遊ぶことができない」

これが何か自分の中で
ずっとモヤモヤしてありました。


小学性の当時の僕では
具体的にどんな仕事をしているのかも
理解できることは出来ない。


小学校の友達からは
「今日もひできの家で遊ぶのって無理なん??」

っていうのが
当時の小学生の僕では苦痛でした。

その影響もあってか
中学校の卒業文集にある
将来の夢は?という問いの

僕は普通のサラリーマンと
書いていました。

父の仕事はスーツを着ないので
毎日スーツを着てスマートに
出勤している映像などドラマでみて
かっこいいと思っていたからです。

しかし、高校に入学し
自転車だと厳しい距離だったので
電車通学になりました。


その時に
衝撃を受けたのを覚えています。

朝練で毎日のように
朝早くの電車を乗っていたのですが

いつもしんどそうに電車に乗っている姿や
新聞を広げて眠そうに読んでいる姿にです。

僕の理想のイメージがかけ離れていたからです。


僕の父は元々は
遠洋漁業の漁船に乗っていて
漁師を経験した後に

大阪に来て
卸関係の仕事をしていました。

いろいろ父と大学に入ってから
いろいろ過ごしてきた過去や

話を聞くたびに
あることを思ったのです。

それは

【自分の好きなことを仕事にする】

ということ素敵だとということです。

別に仕事の内容よりも
自分がこれからやっていく中で
好きなことを仕事にできたらいいなと
思っていました。

今は僕は
自分の持ってる情報や経験をもとに
オンラインでビジネスを展開して

一年くらい続けていて思うのが
自分の好きなことを仕事にするために
ポイントが2つあると感じます。


1つ目は「人にいい影響を与えること」

お客さんやその商品を購入してくれた人が
満足できるものを提供する。

人に良い影響を与えるという事は、
人に価値を与えるという事にもなります。

人に価値を与えられればその対価として
お金を手にすることができます。


2つ目は「自分の趣味は仕事にしない」

どういうことかというと
例えば、

ほとんどの人が好きなことというと

車を見るのが好きや
旅行に行くのが好き

というようなことが出てきます。

そのあなたの好きなことを
お金を払ってくれそうなものか?
というものをすることが大切です。

是非参考にしてみてください。


長くなりましたが
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。


川村英紀

世紀の大発見!?夢を叶えた考古学者とは?

こんにちは、かわむらです。


突然ですが質問です。


あなたは、
ハインリヒ・シュリーマンをご存知ですか?


世界的に有名なトロイの木馬に繋がる
歴史的大発見をした人物です。


彼は幼少の頃から
ギリシャ神話の中でもとりわけ有名な
トロイア戦争の物語に夢中でした。


成人した後、事業を成功させた彼は
私財をなげうって、物語の舞台になった
トロイア発掘に持てる力を全て使いました。


そして、それまでは
ギリシャ神話の物語に過ぎないと
思われていたこの物語が、


本当におきた出来事だと証明したのです。


彼は“目標に向かい行動をする”という
とてもシンプルなことで
偉業を成し遂げたのです。


単純なように見えて
実は、このお話は私たちに
とても大切な事を教えてくれています。


それは、


夢をかなえるために重要な事は、


「目標をシンプルにし、
^^^^^^^^^^^
必要な事に徹底的に取り組む」
^^^^^^^^^^^^^^


ということです。


単純ではありますが
だからこそ重要なのです。


例えば、

・お金を稼ぎたい
・好きなことを仕事にしたい
・家族をもっと幸せにしたい
・キャリアアップをしたい
・よい人脈をつくりたい

などと、漠然とした望みを
持っていたとしても


具体的に何をすれば良いのか
行動が明確になっていなければ
望みを叶えることはできないのです。


では、具体的にどうすればよいのか?


それは、


目標をシンプルにし
^^^^^^^^^
脳が自動的に行動を生み出す
^^^^^^^^^^^^^
体質を手に入れることです。
^^^^^^^^^^^^^


私たちは脳トレなどで
脳を鍛えることが大切だと知っていても


脳がどのような働きをしているのか
詳しく知りません。


この働きをしっかりと理解し
実生活に結び付けることで


これまで、

・あの人はできるから良いよな~
・こんな大金稼ぐことはできないよな~
・健康のために運動したくても時間がないな~


と、最初から諦めていたようなことでも
次々に実現させることが出来ます。


ぜひ、意識してみてください。


ここまで読んでいただき

ありがとうございました。

応援される生き方?

こんにちは、かわむらです。


“応援される生き方”
あなたはしていますか?


あれが欲しい
これが欲しい

あれをして欲しい
これをして欲しい

そんな“与えられ待ち”な毎日を
気づかずに過ごしていませんか?


“応援される生き方をする”


頭でわかってても
なかなか難しいですよね。


沢山知りたい
もっと教えて欲しい
いち早く自分は成功したい


そんな感情が先走って
なかなか穏やかな心で
仲間と付き合えない、質問ができない
そんな方もちらほらといらっしゃるように思います。


気持ちはもちろんわかります。

ただ、本当の意味での成功を考えると
欲望、願望だけでは

間違いなく
もっと大きな欲望、願望を持った
一部の悪質な販売者に
搾取される側になってしまうんです。



もう少し具体的に解説すると・・・


1、欲望

●お金が欲しい、車が欲しい
 贅沢な暮らしがしたい

これは

“自分の物欲や
 肉体的欲求を満たしたい”

という状態です。

仕事で言えば

「なるべく楽して、頭を使わず稼ぎたい」

という意識が強く
依存体質で被害妄想が激しい状態。



2、願望

●一発当てたい、成功したい
 偉くなりたい、認められたい

これは

“自分のために頑張る”

というステージです。

一般的な成功者は
概ねこのステージで止まる方が多いです。


このフェーズにいると
この1→2、2→1と
この中だけで搾取をお互い繰り返すだけで

辛い思いだけで
何一つ得ることができずに
終わってしまうんです。


「何もせずにみんなが稼いで
 あなたはお金だけが入る、さあ。」

とか

「クリックだけで稼げるので
 30万円でコミュニティに入ってください」


などの
悪質な誘惑に欲望が負けて
搾取されてしまった経験は
あなたにはありませんか?


ではどうすれば
この搾取のループから逃れられるのか?


それは


3、貢献

●あの人の為に力になりたい
 あの人に成功して欲しい
 何か役に立ちたい


最初の2つは
「自分」にしか興味がありません。

自己実現」は
あくまで自分の成功だけを考えるものであって
他人の事なんてどうでも良いのです。

一方で、3つ目以降は
「他人」に貢献する事を通して
自分の成功を目指そうとします。
これを「エネルギーの循環」と呼びます。

まわりにエネルギーを“与える”事で
循環して返ってきたエネルギーをもらう
という流れになります。



4、使命

これは貢献のステージを
もっと追究したもので
一つの迷いもなく
他人に貢献することができる状態です。

ここまでくると

“人生における自分の役目”

というものが明確にわかってきます。



1、2のステージで
自分のことばかり考えていても

誰も応援してくれないですし
周りは敵だらけですよね。

搾取し、搾取され
お互いのものを奪い合って生きるステージですが

ただ、ちょっと視点を変え
3、貢献のステージに身を置くと


誰かの為に頑張り、学び
その成功した仲間が次は
自分の成功のために1人、2人と
自然に力を貸してくれるようになります。


1人で戦うはずのビジネスに
何人もの仲間が出来るんです。


あなたは今

「誰のために」「何のために」

ビジネスを成功させたいと思っていますか?


もしかすると
頭に思い浮かぶ姿が
“自分の幸せ”だけだった場合
非常に失敗する可能性が高いです。


自分の収入の種を
すべて何一つ対価も求めず
与えてくれた秋葉さんの姿を見て


もう一度
成功を目指して頑張ることの意味を
考えてみると良いかもしれないですね。


最後までありがとうございました。


川村英紀

こんな人がうまくいきます。

こんにちは、かわむらです。


大切なマインドセットでもあり
好きな言葉を紹介したいと思います。

『我以外皆我師』

剣豪・宮本武蔵さんが残した
有名な言葉です。

簡単に言えば、

「自分以外の全てはみんな師匠である」

という意味です。

自分以外のすべて、という事は

悪口ばっかり言うネガティブな人や
毒性のある雑草や石コロまで含めた
全てが師匠であり学ぶ事がある、

という意味になります。

この言葉が大好きでいつも大切にしています。

われいがい、みなわがし

と読みます。

例えば、毒性のある植物からは
何が学べるでしょうか?

人によって、タイミングよってバラバラですが

綺麗なものには毒がある可能性があるので
慎重になる事が大切、と学べるかもしれません。

デザイン関係の仕事をしている人は
色や形が学べるかもしれません。

悪口ばっかり言う人からは何が学べるか?

他人の悪い部分に気がつくという事は
その要素を自分が持っている証拠です。

心理学用語で『シャドー』と言いますが

「アイツは悪口ばっかりで嫌い!」

と感じたら、あなたの中にも他人を
悪く言う要素を持っているという事です。

「人のフリ見て我が身をなおせ」

という言葉がありますが、他人の悪い部分は
自分の弱みや汚さを発見できる良い機会です。

この世の何からでも学べる事はあります。

大切な事は、あなた自身がどういう
色眼鏡で物事を見れるかです。

『我以外皆我師』

と思いながら物事と対峙すれば
どんなトラブルでもありがたく
いとおしく思えます。

しかし『すべては他人が悪い』という
マインドセットを持っていたら
良い事をしてもらってもお礼の1つも
言えません。

どうせ同じ24時間365日を生きるのでしたら
ポジティブな色眼鏡をかけて生きた方が
遥かに楽しく、良い結果が訪れると思います。

今あなたは、

ポジティブな色眼鏡をかけていますか?

それとも、

ネガティブな色眼鏡をかけていますか?


最後までありがとうございました。


川村英紀

テレビ=死

こんにちは、かわむらです。


「成功したければテレビを見るな」

これは成功哲学の王道です。

私自身もテレビを見なくなってから
一気に成功が加速しました。

「テレビを見るな」

多くの成功者が口を揃えてこう言います。

あなたはテレビを見ていますでしょうか?

個人的にはテレビは『害』以外の
何者でもないといつも思っています。

なぜか?

まず、単純に時間が勿体ないからです。

テレビを見るとあっという間に
時間が過ぎ去ります。

数時間があっという間です。

しかし、もしテレビを見ている1時間を
毎日ビジネスに使ったとしたらどうでしょうか?

近い将来それは大金に換わります。

テレビを見てもお金に換わる事は
まずありません。

単純に時間が勿体ないのです。

ただ息抜きにバラエティを見たい
という人もいると思います。

私もお笑い番組だけは稀に
ビデオ屋などで借りて見ます。

一番見ては駄目だと思うのは『ニュース』です。

これはテレビだけではなく
雑誌やネットなども同じです。

『ニュース』

とは、最新の情報を提供してくれる
とイメージしがちですが、正確には

『刺激的な情報だけを厳選して送る』

ものです。

テレビ番組を作るのは制作者です。

そしてテレビ番組の制作者も企画者も

『制作会社に勤めるサラリーマン』

です。

サラリーマンであれば上司に認められたり
結果を出す、つまり視聴率をあげなければ
給料に響きます。

そうなるとどういう考えになるのか?

「面白味もない真実を伝えるか?」

それとも、

「極端な刺激的な情報だけ伝えるのか?」

こう考えた時、もちろん後者だけを
発信することになります。

「村上が転んだおばあちゃんを助けました」

これが真実であっても、誰も面白いとは
思いません。

視聴率もあがりませんし、こんな事を
ニュースにしようとものなら上司に
怒鳴り散らされます。

つまりテレビや雑誌のニュースとは
真実を伝えるのではなく、刺激的な
情報だけを絞って伝えているのです。

そして人が刺激を感じるのは

死、性、失敗など、ネガティブな
要因の方が多いです。

ミラーニューロンの話は以前にしましたが
ネガティブな情報を見れば見るほど影響されて
あなた自身がネガティブになってしまいます。

前にテレビのニュースを見てしまった時は
本当に暗い気持ちになってしまいました。

世界が終わるように感じました。

更に問題は、テレビを制作する人は
サラリーマンでありビジネスマンでも
あります。

そのため同じ物事でもなるべく
『派手』に表現します。

「不動産の価値が少し下がりました」

というニュースであっても

「不動産大暴落!」

という見出しをつけるのです。

彼らはもエンターテイナーですので
この行為自体は否定しませんがテレビを
真実だと思って見ていると色々と
間違えてしまいます。

そして間違いなくネガティブになります。

何よりも時間が勿体ないです。

私達には24時間しかありません。

世界一の大富豪もホームレスも
使える時間、これだけは平等です。

富豪とホームレスの何が違うかというと
同じ1分1秒をどう使っているのか?

だけです。

才能なんて対して違いはありませんし
遺伝子レベルで言えば差なんてゼロです。

またスキルや努力すれば何でも
身につける事ができます。

同じ24時間、

テレビなんて見ていないであなたの目標に
マッチした事だけに時間を投資した方が
得だと思います。

と、格好付けましたが私もお笑い番組だけは
どうしても見てしまいます。

お笑い芸人のダウンタウンのテレビなどは
レンタルビデオ屋で借りて来てしまいます。。

ついついYoutubeなどを長時間見てしまう
事もあります。

ストイックに完璧にやった方が成功は
早い方が解っているのですが
精神的なバランスも大切だとも思っています。

ですので「テレビは1秒たりとも見ない」
と病的にはならない方が良いとは思います。

「野菜しか食わない」というベジタリアン
なぜか顔が青白く病的な人が多いのですが
これも神経質になり過ぎているからです。

「自分の目標のためになっている」

とワクワクしながら、テレビを見ない
という行為を楽しむくらいがちょうど良いと
思っています。

ただ個人的には、テレビ、ネット、雑誌などの
ニュースと呼ばれる刺激的なエンタメ番組だけは
見ない方が良いと思っています。


最後までありがとうございました。


川村英紀